外国為替証拠金取引(FX)をやる面白さは、たった一つの商品であるはずが資金投下の期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」の3種類の中からどの期間を選定するのかということにより資金を費やすやり方が大きく違ってくる点にあります。外貨投資の「長期」を詳しく見てみましょう。長期の投資は一年以上の出資を基本としているのです。まず為替においては一年も経った後の為替の相場がは円高になっているだろうか、反対に円安だろうかを考えることは、普通は困難に近いです。ほとんどのケースでは、「先の動きは予知できない」というのが本音です。予測もできないのになんとか予言しようと努力しても無意味なものです。そういったことから外国貨幣を買ったと仮定して、その時の価格よりも円高になってしまっても、その差損分は待っていれば戻ってくるという程度の思いで取引にチャレンジするのが良いでしょう。為替差益をアグレッシブに目指すことに限らず別の方法での利益、スワップポイント(異なる通貨間の金利格差)を大きくするということを一番最初のねらいということで投資しましょう。当たり前のことですが少しの期間で為替差損にマイナスが大きく膨らんでしまうこともあります。そのことから為替差損に耐えられるようにレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)をできるだけ少なめにやり取りすることが肝心です。FXは差損が決まった範囲以上に増えると追い証が出て来たり、もしくはストップロスがかかったりします。ストップロス(ロスカット)になったらすぐに取引を終了することになり、長期投資がダメになります。こういったリスクを回避するためにはレバレッジ2?3倍くらいで取引する方が良いでしょう。2番目に中期のスタンスを狙った売り買いに関してです。中期では最大でも1?2ヶ月くらい後を考慮してのやり取りをします。為替取引の時は、およそ1ヶ月先のことであればだいたい、推測できると言われます。G7のような世界的な閣議の議題や、マーケット参加者がどういったことに着目しているかを考えればそれなりに、想定できるのです。このような経済の状態をチェックしながら、チャートを参照することで為替の状況を理解し取引を見定める方がいいでしょう。基本的にファンダメンタルズとジャッジの両方で光りあるいは買い傾向が同じ時はだいだい予想通りに行くと考えて差し支えありません。そこで持ち金を増やしておく事でより一層高いリターンを入手できるでしょう。最後に短期のスタンスのポイント。ここでいう短期のスタンスはすなわち日計り取引のことを指しています。為替相場で日計り取引を行う場合経済の状態は決して関わりがないと言い切れます。なぜかというとあくる日のレートの変動にファンダメンタルズは関連がないからです。この場合の最大のミソは目立った催し物がある際それが影響してレートがかなり変化するタイミングを逃さないよう取引しましょう。たとえば、アメリカで雇用統計が公表される、または金利政策などによって制作金利が動くような催し。このように一瞬の変わり目を見逃してはいけないという意味合いから、短期トレードでは多種のものが必要になる。